VMWare Player で Ubuntu 12.04 を動かす

久しぶりに、いつもの VMware Player × Ubuntu 8.04 の使い捨てLAMP環境 でイタズラしようと思ったら、新しい Ubuntu 12.04 のディスクイメージが公開されてた。おぉっ!と思って落としてみたのだけど・・・、VHD形式のディスクイメージでの配布になったようで、そのまま VMWare Player で起動できず、ひと手間かかったので、大したことじゃないけどそのメモ。

手順は以下の通り。

VMWare Player をインストールする

まず、VMWare Player のダウンロードページから、VMWare Player を入手する。すでに VMWare Player がインストールされている場合は不要。

今回動かしたホストマシンは、Windows 7 (64bit) なので、 VMware-player-5.0.0-812388.exe をインストールした。

Ubuntu 12.04 のディスクイメージ(VHD)を入手する

ディスクイメージは、このページから入手できる。ubuntu-ja-12.04-desktop-i386-vhd.zip を入手した。

VHD を VMDK に変換する

VHD形式の仮想ディスクは、そのままでは VMWare Player で動作しないので、VMDK形式に変換する必要がある。

このサイトを参考に、 StarWind V2V Image Converter をインストールして変換する。

インストールは特につまづくところはなかったが、StarWind V2V Image Converter を起動してから若干迷ったところがあるので、その点だけメモする。

  • Image format (変換後のフォーマット)では、 VMWare growable image を選択する。
  • Virtual disk type(ディスクの種類)では、 IDE を選択する。

要するに、次へ次へと進んでいけばよい。

対象のファイルが大きいので時間がかかるが、しばらく待っていると VMDK形式のファイルが生成される。

このときできたファイルを、便宜上 tmp_ubuntu_disk.vmdk という名前にしておく

VMWare Player で読み込む

こうしてできたVMDK形式のファイルを VMWare で開けば、起動するはず。

  • VMWare Player を起動して最初の画面で、「新規仮想マシンの作成 (N)」を実行する。
  • とりあえずこの場では、「後でOSをインストール (S)」を選んで、空っぽの仮想マシンを作成する。
  • ゲストOSは、一応 Linux を選ぶ。
  • 仮想マシン名は、デフォルトで Ubuntu となっていた(みんなそうなのかな?)。このままで特に問題はない。ディレクトリはどこでもいいが、ここでは C:\ubuntu ということにする。
  • 仮想ディスクを単一ファイルとして格納 を選ぶ。
  • そして完了。

これで、一旦空っぽの仮想マシンが生成された。だけどまだ起動してはいけない。

この、生成されたファイルの中に、「Ubuntu.vmdk」というファイルが含まれている。このディスクは空っぽなので削除し、さきほど変換した tmp_ubuntu_disk.vmdk で置き換える。

  • C:\ubuntu\Ubuntu.vmdk を削除する。
  • tmp_ubuntu_disk.vmdk を C:\ubuntu に移動する。
  • tmp_ubuntu_disk.vmdk を Ubuntu.vmdk にリネームする。

この状態で、VMWare Player のホーム画面から「仮想マシンの再生」を実行したら、Ubuntu 12.04 が無事起動した。あとは初期設定の手続きを粛々と進めるのみ。

「端末」と「テキストエディター」を開く

Ubuntu 12.04 を起動してみると・・・、前にさわってみていた Ubuntu 8.04 とは画面の構成が全然違う。ちょっと悩んだのは、アプリケーションのショートカットがドック以外に見当たらなかったこと。

とりあえず内部の細かい構成は(たぶん)そんなに大きくは変わっていないと信じて、とりあえず 「端末」 と 「テキストエディター」 の探し方だけメモしておく。

  • 画面左のドックの一番上のアイコン「Dash ホーム」をクリック。
  • 検索窓がついた半透明のウィンドウが現れるので、「terminal」を検索する。
  • すると「端末」アプリケーションが検索される。ダブルクリックすると起動できる。
  • 同様に「text editor」で「テキストエディター」を見つけられる。

見つけたアイコンは、左のドックにドラッグすると、ドックに追加することができる。よく使うアプリケーションはドックに置いておくと便利かも。

関連記事


プロフィール

ときにはデザイナ、ときにはディレクタ、ときにはプログラマ、ときには何でも屋と、ウェブの世界で未熟ながらもいろいろやっている、コヤナギトモヤです。

ツイッター上ではこのヒト。
@tomk79

RSSフィード

ページの先頭へ戻る