cron

クーロンについての解説は、cron の設定ガイドに詳しく載ってます。

crontabの設定の書式

crondは、1分に1回の周期で、crontabというファイルに書かれた通りの時間に、指定のコマンドを実行します。
crontabには、次のようなルールで記述します。

分 時 日 月 曜日 コマンド

詳しくは、上記のサイトを見て調べます。

crontabはどこにある?

ファイル/ディレクトリ名 利用者 主な用途
/var/spool/cron/user 全ユーザ ユーザの自動タスク設定ファイル
/etc/crontab root 毎時、毎日、毎月、毎週の自動タスクのメイン設定ファイル
/etc/cron.hourly root 毎時実行される自動タスク設定ファイルを置くディレクトリ
/etc/cron.daily root 毎日実行される自動タスク設定ファイルを置くディレクトリ
/etc/cron.monthly root 毎月実行される自動タスク設定ファイルを置くディレクトリ
/etc/cron.weekly root 毎週実行される自動タスク設定ファイルを置くディレクトリ
/etc/cron.d root 上記以外の自動タスク設定ファイルを置くディレクトリ

crondは、設定ファイルの内容に変更がないかを、毎分確認します。変更があった場合には、それを反映して実行します。そのため、crontabを書き換えたことによる再起動などは必要ありません。

BAD FILE MODE って言われたら

パーミッションが、644じゃないとダメらしいです。777とか、過剰な権限があると、動かないのかも。


プロフィール

コヤナギ トモヤ

ウェブ系エンジニアしてます。ウェブデザイナー、ウェブディレクターとしてウェブ制作の仕事に携わり、今はエンジニア職に流れ着きました。誰かのお仕事をちょっとだけ効率化するような支援ツールの開発が好き。オープンソースとMITライセンス大好き。人生後半は自由と民主主義のコントリビューターとして過ごす予定。

ウェブ制作支援ツール Pickles 2 をオープンソースで開発しています。

PHP/JavaScript/NodeJS/nwjs/Laravel/Pickles2/オープンソース/心理学/倫理/自由と民主主義

RSSフィード

ページの先頭へ戻る