工場制機械工業としてのウェブ制作

一文字一文字を丁寧に作りこむだけがクオリティの高いウェブ制作とは限らない。
より機械的で、より効率的であった方が、結果として高いクオリティを得られる分野の仕事がある。

要するに、ウェブ制作の仕事を、工場制手工業から工場制機械工業にできないか、というテーマ。

一口にウェブ制作といっても幅が広すぎるので、ここでは特に、(1)制的に構成された、(2)ハイパーテキストコンテンツを主とするHTMLドキュメントの集合としてのウェブサイトについて、(3)ジェネレーターやCMSを上手く活用しての効率化、という点に絞って取り扱う。

PxFW + パブリッシュツール

プロフィール

コヤナギ トモヤ

ウェブ系エンジニアしてます。ウェブデザイナー、ウェブディレクターとしてウェブ制作の仕事に携わり、今はエンジニア職に流れ着きました。誰かのお仕事をちょっとだけ効率化するような支援ツールの開発が好き。オープンソースとMITライセンス大好き。人生後半は自由と民主主義のコントリビューターとして過ごす予定。

ウェブ制作支援ツール Pickles 2 をオープンソースで開発しています。

PHP/JavaScript/NodeJS/nwjs/Laravel/Pickles2/オープンソース/心理学/倫理/自由と民主主義

RSSフィード

  • このサイト https://www.pxt.jp/ は、 コヤナギ トモヤ の個人サイトです。
  • 個人的な主張や、活動の記録などを掲載しています。 所属する企業、団体、その他の意見や立場を代表するものではありません。
  • 掲載された内容は古くなっている可能性があります。 特に古い記事では、現在の筆者の考えと異なる主張をしていることがありますが、記録としてそのまま残しております。 予めご了承ください。
ページの先頭へ戻る