iPhone での position+top と transform:translate() とのパフォーマンス比較テスト

transition を使用したアニメーション処理で、position + top を使用した場合と、transform:translate() を使用した場合のアニメーション処理のパフォーマンステスト。

パフォーマンステストA
~ 再描画コストが高い要素の上を、別の要素を position + top プロパティを操作してスライドさせるアニメーション ~
パフォーマンステストB
~ 再描画コストが高い要素の上を、別の要素を transform:translate() プロパティを操作してスライドさせるアニメーション ~

プロフィール

コヤナギ トモヤ

ウェブ系エンジニアしてます。ウェブデザイナー、ウェブディレクターとしてウェブ制作の仕事に携わり、今はエンジニア職に流れ着きました。誰かのお仕事をちょっとだけ効率化するような支援ツールの開発が好き。オープンソースとMITライセンス大好き。人生後半は自由と民主主義のコントリビューターとして過ごす予定。

ウェブ制作支援ツール Pickles 2 をオープンソースで開発しています。

PHP/JavaScript/NodeJS/nwjs/Laravel/Pickles2/オープンソース/心理学/倫理/自由と民主主義

RSSフィード

  • このサイト https://www.pxt.jp/ は、 コヤナギ トモヤ の個人サイトです。
  • 個人的な主張や、活動の記録などを掲載しています。 所属する企業、団体、その他の意見や立場を代表するものではありません。
  • 掲載された内容は古くなっている可能性があります。 特に古い記事では、現在の筆者の考えと異なる主張をしていることがありますが、記録としてそのまま残しております。 予めご了承ください。
ページの先頭へ戻る