【謹賀新年2010】 今年の年賀状は木版画に挑戦してみた。

新年あけましておめでとうございます。

2010年新春第1号記事は、プライベートで作った年賀状を大公開!

2010年の年賀状画像

デジタル画像加工も飽きてきたので、今年は木版画に挑戦してみた。
図案は、ラブリーなハートに囲まれた荒々しくも力強いトラさん。原画は5歳の娘の作品。

原画1画像
原画1

原画2画像
原画2

元ネタになった原画1をスキャン。その画像をはがきサイズに印刷して、トラさんの周りに文字要素を描きこんでもらったのが原画2。これを再スキャンしてパーツに分解し、配置しなおして、図案が完成した。(結局デジタル加工に頼るんだな・・・)

あとは、

  1. 出来上がった図案を左右反転して印刷。
  2. はがきサイズの木板に、カーボン紙で転写。
  3. 木板を彫刻刀で彫る。
  4. 出来上がった版にローラーで水性インクを塗り、はがきを載せてバレンで刷る。

で完成。
「木板を彫刻刀で彫る」工程にかなりの時間がかかると思っていたが、4時間前後で一気に彫りあげた。

原画は全てクレヨンで描かれている。その迫力や質感や雰囲気みたいなものをどう表現できるか、なかなか難しいポイントだったが、素人なりに上手くできたんじゃないかと思う。トラさんは荒々しく角刀で、背景はやわらかく丸刀で彫るなど工夫してみたりした。一部漢字が難しい「賀正」のところをママが書いた以外は、すべて娘の書き下ろしでできたのもよかった。
何より「家族みんなで一緒に作った」という実感が持てて楽しい。パソコンで作る工程は一人でやる作業がほとんどだから、これは手作り版画ならではのよい点だったと思う。

やっぱり手で触れられる作品は出来上がると気持ちいいなー。

ぼくの2010年のテーマは『原点回帰』。お絵かきしたり、粘土をこねたり、歌を歌ったり、ギターを弾いたり・・・。自分の「原点」と言えそうな、アナログな活動になるべく時間を割いて行きたいなー、と思います。その手始めに、版画。

今回の作品でかかったコストは下記の通り。

アイテム 価格 備考
彫刻刀セット 1100円 砥石とバレン付き
水性インク4色 900円
ローラー 550円 スチロール製のもの。ゴム製品より安かった。
はがきサイズ板 145円
カーボン紙10枚入り 600円 普通の事務用のもの。10枚入りでも1枚しか使わない。

全部でだいたい3千円くらいで作れた。

さてさてそういうわけで、昨年お世話になった方もそうでない方も、2010年も何卒よろしくお願い申し上げます!


プロフィール

ときにはデザイナ、ときにはディレクタ、ときにはプログラマ、ときには何でも屋と、ウェブの世界で未熟ながらもいろいろやっている、コヤナギトモヤです。

ツイッター上ではこのヒト。
@tomk79

RSSフィード

ページの先頭へ戻る