blog

2007年10月20日(Sat) 生きるために、生きようじゃないか。

生きるために生きるのは、虚しい。虚しいモノだと、ずっと思ってきた。だけど、もしかしたら、生きるために生きることこそ、生きることの本当の目的なのかも知れない。と、少し思い始めている。
私は、生きる目的を進化する事と位置づけた。これは、当面は間違いじゃないと...

公開日:2007年10月20日(Sat)

2007年10月19日(Fri) 「人間の意図を読み取る技術」特許申請

Microsoft、脳波図からノイズを除去する技術の特許を申請。筆者のBrandon Keimさんは怖がっているようだ。
やっぱそうっすよね。怖いっすよね。脳スキャン。あと、Microsoft。
ETCが出てきたときも、誰かが悪用しだして、「街角を普通に走っていたらイキナリ『ピッ! 料金...

公開日:2007年10月19日(Fri)

2007年10月15日(Mon) Wiiのバーチャルコンソールで 『三國志IV』 を買ってみた。

何日か前になるが、Wiiショッピングチャンネルで SFCの『三國志IV』 を買ってみた。
コーエーの三國志シリーズは、小中学生くらいの時にハマったゲーム。初めてやったのは『三國志II』だった。バーチャルコンソールだから昔のSFC版とまったく同じで、やっぱり懐かしさがあ...

公開日:2007年10月15日(Mon)

2007年10月14日(Sun) 渋滞学のススメ

サイエンスZERO(2007/08/11放送)と、爆笑問題のニッポンの教養(2007/10/09放送)で、渋滞学という科学について取り上げていた。東京大学大学院工学系研究科准教授 西成活裕先生。この方は、数学の観点から渋滞を研究しているとおっしゃっておりますが、物理学とか心理学とか...

公開日:2007年10月14日(Sun)

2007年10月13日(Sat) 老いたるを敬い、幼きを宝とす

近頃、やたらと「持続可能性」にこだわりたがるのは、僕も三十路に差し掛かり、安定を求めるようになったからかもしれない。
自分や家庭の生活を安定させるためには、自分が属する社会、つまり、会社とか日本とかが安定している必要がある。
儒教の流れなのかどうかはよく...

公開日:2007年10月13日(Sat)

2007年10月11日(Thu) 生産者+消費者=プロシューマー

任天堂のWiiWareを探していたら、「プロシューマー」という言葉に出会った。
ソフトダウンロード販売「WiiWare」に乗り出す任天堂の冒険
 「プロシューマー」という単語がある。的確な日本語訳がついていない単語だが、米の未来学者アルビン・トフラーが生み出した造語だ...

公開日:2007年10月11日(Thu)

2007年10月10日(Wed) 選択肢に溺れる

面白い記事を発見したので、メモ。
「選択肢が多すぎると意欲が削がれる」マルチコアの問題点。次のはその引用。
ジャムが24瓶並んだ陳列は、最終的に60%近くの客の目を引いた。それらの客は全員、前を通り過ぎるときにジャムを少し試食した。だが、奇妙なことに、割引券...

公開日:2007年10月10日(Wed)

2007年10月09日(Tue) 不老不死は持続可能性を実現するか?

「幸せ」がどういうものであるにせよ、結局、つまるところ、「持続可能性」はキーワードになる気がする。人によって幸せの形は違うとしても、それを持続させることの重要性については、誰にとっても一様に真なのではないか。
究極の持続可能性ソリューションとして古くから...

公開日:2007年10月09日(Tue)

2007年10月08日(Mon) 間違い電話ヒューマニズム

「間違い電話」という言葉がある。
これは、電話番号を間違い、予期せぬ相手へ誤って電話をかけてしまうことを言う。
間違い電話を受けた側としては、紛れもない迷惑なことである。しかし人間は、すごく人間らしいこの問題を、すごく人間らしい方法で解決しており、その手...

公開日:2007年10月08日(Mon)

2007年10月07日(Sun) 幸せのサスティナビリティ

いまだにニッポンの教養の話を引きずっているのだが、この放送の中で、「30年前の科学技術には、輝ける未来を描いた空想があった。今の科学技術には空想がない」という発言がある。いまこそ、空想すべきときだと。情報技術者の端くれの末席にいて、これにはすごく共感でき...

公開日:2007年10月07日(Sun)

プロフィール

コヤナギ トモヤ

ウェブ系エンジニアしてます。ウェブデザイナー、ウェブディレクターとしてウェブ制作の仕事に携わり、今はエンジニア職に流れ着きました。誰かのお仕事をちょっとだけ効率化するような支援ツールの開発が好き。オープンソースとMITライセンス大好き。人生後半は自由と民主主義のコントリビューターとして過ごす予定。

ウェブ制作支援ツール Pickles 2 をオープンソースで開発しています。

PHP/JavaScript/NodeJS/nwjs/Laravel/Pickles2/オープンソース/心理学/倫理/自由と民主主義

RSSフィード

ページの先頭へ戻る